営利目的の使用


ショウジョウバエ系統の営利機関による使用及び非営利機関による営利目的の利用(下記参照)に関しては、生物遺伝資源提供同意書を締結して頂く必要があります。生物遺伝資源提供同意書のサンプルはこちらにあります。


営利機関および非営利機関による営利目的の研究に対する提供の区別

【営利目的利用】
以下に該当するショウジョウバエ系統リソースの提供

 

※「非営利機関」とは、大学及び国公立の試験研究機関(独立行政法人を含む)、高等専門学校、公益財団等、医療法人、教育機関(専門学校等を含む)です。


生物遺伝資源提供同意書(営利機関による使用及び非営利機関による営利目的の利用)の締結方法

責任研究者、機関長の記名押印をした生物遺伝資源提供同意書を2部、京都工芸繊維大学 KYOTO Stock Center (DGRC) まで郵送して下さい。

  1. "Profit organization"としてユーザ登録して下さい。
    非営利機関所属の研究者が、系統の営利目的の利用(上記の区別を参照下さい)を行う場合も、"Profit organization" として登録下さい。
  2. 系統を検索し、"cart" に入れて下さい。
  3. 研究課題名(具体的利用目的・方法)を入力し、生物遺伝資源提供同意書を作成して下さい。
    ダイアログボックスに従い pdfファイルを保存下さい。本pdfファイルは発注確認メールにも添付されます。
  4. クレジットカードにより決済を行って下さい。
    決済はクレジットカード(MasterCard および VISA)によるもののみ受け付けています。
  5. 生物遺伝資源提供同意書を2部印刷し、必要事項を記入、責任研究者、機関長の記名押印をして下さい。
  6. 押印済み生物遺伝資源提供同意書2部を京都工芸繊維大学 KYOTO Stock Center (DGRC) まで郵送して下さい。
      〒616-8354
      京都市右京区嵯峨一本木町1
      京都工芸繊維大学
      KYOTO Stock Center (DGRC)
      電話 075-873-2660 
  7. 当センターでは、押印済み生物遺伝資源提供同意書の受領の後、系統を発送します。
  8. 学長の押印済み生物遺伝資源提供同意書を1部返送いたします。1部は本学が所持いたします。
  • 注意:
    6週間以内に記名押印された生物遺伝資源提供同意書が当方まで届かない場合、 系統の提供依頼は取り消されたものとみなし、キャンセル処理いたします。

  Edit Upload   New Search    
Last-modified: 09 Jun 2015 (Tue) 20:42:58 (896d)